私の鉄欠乏性貧血回復への道その後



 ▼ サイト内検索はこちらからどうぞ ▼

鉄欠乏性貧血回復への道その後

貧血改善対策のその後
貧血検査で合格した人も、しなかった人も、
ここがゴール地点ではありません。
出産するときに貧血状態になっているのでは、話になりません。
今までやってきた努力が全くの無駄になってしまいます。
貧血改善した人も、現時点では、鉄分のストックがほとんどない状態です。
とゆうことは、ちょっと気を抜いて、鉄分摂取を怠ってしまうとすぐに貧血状態となる状態です。
出産するときに、貧血状態ではないように出産するまで貧血改善で行ってきたことを続けることをお勧めします。
貧血が改善された状態で出産ができると、出産時の流血も少なく傷の治りも早いと言われています。
母子ともに安全に安産となるように頑張っていきましょう。
私の場合、貧血改善方法を出産時まで続けていたので、出血はとても少なかったようです。
また、しっかりと会陰マッサージ膣ピチュなどを行っていたので、会陰裂傷などの傷も少なかったこともあり
産後はとても楽でした。

 

会陰マッサージのやり方

 

膣ピチュのやり方

私の鉄欠乏性貧血回復への道その後関連エントリー

私の鉄欠乏性貧血回復への道 1
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その1
私の鉄欠乏性貧血回復への道その2
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その2
私の鉄欠乏性貧血回復への道その3
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その3
私の鉄欠乏性貧血回復への道その4
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その4
私の鉄欠乏性貧血回復への道その5
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その
私の鉄欠乏性貧血回復への道その6
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その6
私の鉄欠乏性貧血回復への道その7
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その7