私の鉄欠乏性貧血回復への道その4



 ▼ サイト内検索はこちらからどうぞ ▼

鉄欠乏性貧血回復への道その4

妊娠中、運動は必要不可欠です。
運動と言ってもいろいろなものがあります。最近ではマタニティヨガやマタニティスイミング、マタニティビクスなど妊婦さんのために改良された運動などもたくさんあります。
運動をしないと血液の巡りが悪くなるので、栄養が運ばれなくて血や肉が作られません。
しかし、激しい衝撃(ジャンプの着地など)があると血液中のヘモグロビンもつぶれて減少してしまいます。
この2つの要因から血液中のヘモグロビンをつぶさずにできる運動をしないといけないと考えました。
今まで、メインの運動としてウォーキングを1〜2時間ぐらいするようにしていたのですが、ウォーキングだと足の裏への衝撃により、血液中のヘモグロビンが減少する危険性があると思ったので、ウォーキングをするのを極力やめて、別の運動で補うようにしました。
助産所では、おすすめの運動として、月2回ほどバランスボール教室があっ他のですが、バランスボール教室で習った運動はウォーキングより衝撃が少なそうだったので、バランスボールを購入してウォーキングの代わりにバランスボールで運動するようにしてみました。
また、衝撃のない運動ということで思いついたのがマタニティスイミングです。
また、水中ウォーキングも衝撃が少なく運動できる運動だと思いました。
しかし、この2つの運動はプールに行って行わないといけない運動なので、手間とお金がかかることから週1〜2回程度で行くようにしました。

 

その他にもマタニティヨガやマタニティピラティスもよさそうだったのですが、近くに教えてくれそうな人がいなかったので、今回はやりませんでした。

 

こちらのサイトに妊婦さんのおすすめの運動がまとめてありました。
参考にどうぞ
妊婦さんのマタニティ体操や運動について

私の鉄欠乏性貧血回復への道その4関連エントリー

私の鉄欠乏性貧血回復への道 1
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その1
私の鉄欠乏性貧血回復への道その2
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その2
私の鉄欠乏性貧血回復への道その3
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その3
私の鉄欠乏性貧血回復への道その5
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その
私の鉄欠乏性貧血回復への道その6
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その6
私の鉄欠乏性貧血回復への道その7
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その7
私の鉄欠乏性貧血回復への道その後
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その後