私の鉄欠乏性貧血回復への道その5



 ▼ サイト内検索はこちらからどうぞ ▼

鉄欠乏性貧血回復への道その5

貧血改善対策のその5はイメージトレーニングです。
ある意味、この作業が一番重要と言っても過言ではないと思っています。
部活動をやっていたときも、腹筋を鍛えるときは腹筋が鍛えられているイメージをすることで、より効率よく腹筋がつくと言われていました。また、ダイエットをするときも、鏡などで痩せたい部分を見ながら、痩せたイメージしながらマッサージしたりすると、その部分が痩せると言われています。
その他にも、お湯を見せた後、目隠しをして水をかけるとその部分がやけどをしてしまうとか、精神的な部分で影響を及ぼすものが沢山あります。
なので、食事をとるとき、鉄分の多い食材を使った料理を食べているとは思いますが、その時に鉄分が体に吸収されているイメージを持ちながら食事をとると効果は上がると思います。
また、これと同じように、ビタミンCを摂取したら、吸収するイメージとともに鉄分の吸収を助けてくれるイメージをすると、吸収率が上がると思ってやっていました。
その他にも、寝る前などに今日食べたものがしっかり血液になった。鉄分はしっかり吸収されている。貧血は改善されている。
などのことをイメージして寝るように心がけていました。

私の鉄欠乏性貧血回復への道その5関連エントリー

私の鉄欠乏性貧血回復への道 1
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その1
私の鉄欠乏性貧血回復への道その2
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その2
私の鉄欠乏性貧血回復への道その3
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その3
私の鉄欠乏性貧血回復への道その4
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その4
私の鉄欠乏性貧血回復への道その6
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その6
私の鉄欠乏性貧血回復への道その7
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その7
私の鉄欠乏性貧血回復への道その後
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その後