私の鉄欠乏性貧血回復への道その1



 ▼ サイト内検索はこちらからどうぞ ▼

鉄欠乏性貧血回復への道その1

とりあえず、提携病院での貧血の血液検査の結果を助産所の助産師さんに報告しました。
助産師さんの第一声目は、病院での出産を覚悟しておいた方がいいとのことでした。
普通、血液検査をして、貧血だと言われる人の多くはHb10前後らしいのです。このぐらいの値なら食生活などに気を付ければ大概改善できるレベルらしいのですが、さすがにHb8.6の鉄欠乏性貧血症となると、そう簡単に改善することはできないものだと言われました。
そして、食べ物で多く鉄分が含まれている食品、肉の赤身、カツオ、緑色の濃い野菜(小松菜など)、旬の野菜などを食べた方が良いということを教わりました。
また、助産所に来る人の中には、貧血と診断され鉄剤を処方されたのだが、どうしても、鉄剤を飲むのが嫌で飲まない人がいるらしいので、しっかり飲むように念を押されました。
普段、私も極力薬は飲まないように、自然的なもので治すように心がけていたのですが、いまさらそんなことも言っていられない状況なので、しっかり鉄剤を飲むように決心しました。

私の鉄欠乏性貧血回復への道 1関連エントリー

私の鉄欠乏性貧血回復への道その2
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その2
私の鉄欠乏性貧血回復への道その3
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その3
私の鉄欠乏性貧血回復への道その4
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その4
私の鉄欠乏性貧血回復への道その5
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その
私の鉄欠乏性貧血回復への道その6
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その6
私の鉄欠乏性貧血回復への道その7
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その7
私の鉄欠乏性貧血回復への道その後
妊婦になって30週、血液検査でHb(ヘモグロビン値)8.6重度の鉄欠乏性貧血と診断された私が、鉄分不足を補い、5週間でHb11と驚異の回復をしたときの方法を紹介しています。 鉄欠乏性貧血回復方法その後